アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
photo雑記
ブログ紹介
1933年製LEICA-Screwなど各時代のカメラやレンズで写真を
撮影しています。Lens:EF,Nikkor,M42,SMC,Rokkor,
FD,Lマウントなどなど。

このブログの写真は無断で使用することはできません。肖像
権はモデルさん本人または所属する事務所,著作権はfkondo
にあります。
It is prohibited to use the photo without permission
   
zoom RSS

COSINA 19-35mmF3.4-4.5MF

2018/01/03 14:54
画像


COSINA 19-35mmF3.4-4.5MF(2004)
レンズ構成は11群13枚,絞り羽根の
枚数は8 枚,最小絞りはf22,最短
撮影距離は0.5m,重さは288gです。


<気になる写り>

photo01
画像


(279KB 1000X677)
CANON EOS40D(2007)
COSINA 19-35mmF3.4-4.5MF
Kマウント,F3.5(1/1250秒)
ISO400


photo02

<雑記>
2017年11月にこのレンズを見てけて購入
した。鏡胴の作りはプラスチックでチープ
感がある。レンズ性能についても悲観的
な記述が目立っている。ところが使用して
見ると,とても使い心地がいい。まず小さ
く軽い。いつでもリュックに入れて持ち歩
ける感じだ。描写力には周辺光量の低下
や影の部分が黒くつぶれてしまうなど,
最新のレンズと比較すると問題の多いレ
ンズではあるが,iPhone 5c iSight Came
ra f2.4の写りを良くしたような描写力は
「インスタ映え」する写真を撮りやすく重
宝しそうである。遊べるレンズだ。


記事へトラックバック / コメント


CANON NFD85mm F1.8(1979)

2018/01/03 10:05
画像


CANON NFD85mm F1.8(1979)
レンズ構成は4群6枚,絞り羽根の
枚数は8 枚,最小絞りはf22,最短
撮影距離は0.85m,重さは345gです。


<気になる写り>

photo01
画像


(359KB)
CANON AE-1(1976)
New FD85mm F1.8(1979)
FDマウント,F2.8(1/250秒)
☆FUJICOLOR 100


photo02

<雑記>

記事へトラックバック / コメント


CANON NFD 50mm F3.5 MACRO

2018/01/02 09:40
画像


CANON NFD 50mm F3.5 MACRO(1979)
レンズ構成は4群6枚,最短撮影距離は
23cm,重さは235gです。フィルター径は
52mmです。FDマウントです。


<気になる写り>
ピントの合っている部分は芯がありな
がらも柔らかく,朝や夕方などの斜光
や花曇りなどの柔らかな太陽光で撮影
するとその能力を発揮します。真昼の
太陽光に白い花を組み合わせて撮影
するとコーティングの技術が今ほど進
歩していないため色収差でにじみが出
てきます。背景のぼけ具合は少し硬め
なので,絞り開放F3.5付近でよく撮影
します。CANON LENS特有のしっとり
感があり,お気に入りの1本です。


photo01
画像


(294 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F11( 1/80秒 ),+2.3EV,ISO1600
Picture Style ( Original ),RAW


photo02
画像


(128 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/320秒 ),+1.0EV,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo03
画像


(298 KB)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/500秒 ),+0.3EV,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo04
画像


(240 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/400秒 ),ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo05
画像


(320 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/250秒 ),-0.3EV,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo06
画像


(255 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/500秒 ),+1.0EV,ISO100
Picture Style ( Original ),RAW


photo07
画像


(156 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F3.5( 1/250秒 ),+1.7EV,ISO100
Picture Style ( Original ),RAW


photo08
画像


(279 KB 1000X667)
CANON EOS M (2012)
NFD 50mm F3.5 MACRO

F4.0( 1/2000秒 ),+0.7EV,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


<雑記>
小さくて軽いのでEOS Mと組み合わせ
て使用しています。数千円で購入した
ので最初はちゃんと写るか心配でした
が,色再現はとても良く,CANON伝統
のしっとり感に加えて周辺部にオール
ドレンズによく見られるあまい描写が
ありピントの合っている部分が浮き出
てきてとても良い感じです。


Twitter ☆2017/03/04
CANON EOS M /TOPCOR 50mm F3.5(1955)

にほんブログ村 写真ブログ Facebook
記事へトラックバック / コメント


Super-Multi-Coated Takumar120mm F2.8

2018/01/01 10:52
画像


Super-Multi-Coated Takumar120mm F2.8
リサイクルショップでASAHI PENTAX SPF
BLACKと1972年発売のSuper-Multi-Coat
ed Takumar120mm F2.8を見つけました。
カメラは完動品でレンズもきれいでした。
これでSPFを3台所有することになりました。
1960年代〜80年代のカメラは需要がある
首都圏の中古店では高価な値段で販売
されていますが,需要が少ない地域では
破格の値段で販売されているようです。


Super-Multi-Coatedとは7層のコーティン
グのことです。SPFが発売されると同時に
SMCTakumarとレンズ名称を変更したそう
です。現在の1眼レフカメラでは当たり前
のことですが,TTL開放測光,完全自動
絞りに対応しています。Takumarのレンズ
を使用していると絞り込み測光,開放測光,
半自動絞り,完全自動絞りなど,カメラと
レンズの進化の過程が良く理解できます。


photo01
画像


(272 KB 1000X667)
CANON EOS 40D (2007)
SMC Takumar120mm F2.8

F4.5( 1/400秒 ),マニュアル露出,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo02
photo03
photo04
photo05

<雑記>
@オートタクマー55mm F2.0(1959年)
(半自動絞り・
単層コーティング・絞り込み測光)
Aスーパータクマー 55mm F1.8(1964)
(完全自動絞り・
単層コーティング・絞り込み測光)
Bスーパーマルチコーテッドタクマー
120mm F2.8(1972)
(完全自動絞り・
マルチコーティング・開放測光)
CSMCタクマー 50mm F1.4(1973)
(完全自動絞り・
マルチコーティング・開放測光)
こんな感じです。

記事へトラックバック / コメント


fkondo 作品集 (スナップ)

2018/01/01 10:05
photo01 『 ある出来事 』
画像


(335 KB 2006/04/03 東京)
CANON EOS 20D (2004)
EF17-35mm F2.8L USM (1996)

F8.0( 1/160秒 ),+0.3EV,ISO200,jpg
日本カメラ2007年5月号より

photo02
photo03
photo04

Twitter ☆2017/05/26
CANON EOS 40D /MACRO APO-LANTHAR125mm F2.5 SL (2001)

にほんブログ村 写真ブログ Facebook
記事へトラックバック / コメント


CANON New FD20mm F2.8(1979)

2017/07/23 19:13
画像


CANON New FD20mm F2.8(1979)
レンズ構成はレトロフォーカスタイプ
の9群10枚,最短撮影距離25cm,重
さ305g,フィルター径は72mmです。
FD20mm F2.8 S.S.C.(1973)の後継レ
ンズです。それまで広角系のレンズは,
専用のファインダーをつけて撮影する
など多くの制限がありましたが,1970
年代から急速に発達してきました。コ
ーティングはS.S.C.スーパスペクトラコ
ーティング。すべての色を忠実に再現
するということを目標に開発され,CAN
ONの高級機 F-1(1971)の基準に合わ
せて作られたそうです。


<気になる写り>

photo01
画像


(183 KB)
CANON EOS M (2013)
New FD20mm F2.8(1979)

F8.0( 1/400秒 ),マニュアル露出,
ISO100,RAW


photo02
画像


(157KB)
CANON FTb-N(1973) part30
New FD20mm F2.8(1979)

FDマウント,F3.5(1/125秒)
☆FUJICOLOR 100


photo03
photo04
photo05

<雑記>
使用感も少なく,美品でした。EF 20mm
f2.8USMの前身ですが,外観はEF17-
35mm F2.8 USMを小型にした感じです。
レンズの美しいコーティング,絞り開放
F2.8,ズッシリとした超広角系の元祖の
ような存在感は所有の喜びがあります。


記事へトラックバック / コメント


MACRO APO-LANTHAR125mm F2.5 SL (2001)

2017/07/23 18:34
画像


MACRO APO-LANTHAR125mm F2.5 SL (2001)
コシナ製Voigtlander フォクトレンダー,
マクロ・アポランター,レンズ構成は9群
11枚,絞り羽根は9枚,最短撮影距離
は38cm,重さは690g,フィルターサイズ
は58mmです。鏡胴の先端に赤,緑,青
のラインがあり,伝統と性能の高さがう
かがえます。


<気になる写り>

photo01
画像


(193 KB 1000X667)
CANON EOS 40D (2007)
MACRO APO-LANTHAR125mm F2.5 SL

F3.2( 1/400秒 ),マニュアル露出,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo02
画像


(203 KB )
CANON EOS 40D (2007)
MACRO APO-LANTHAR125mm F2.5 SL

F4.0( 1/2000秒 ),マニュアル露出,ISO200
Picture Style ( Original ),RAW


photo03
photo04

<雑記>
中古店のレンズを見ていると,マクロ・アポ
ランターに25,000円という値がついていまし
た。アポランター90mmF3.5SLかと思い,手
にとって見るとズッシリと重く高級感が漂っ
ていました。これは90mmではないけど名レ
ンズに違いないと思い,店員さんに何度も
値段を確認して購入。後で調べてビックリ,
20万円を越える名玉でした。


記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

photo雑記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる